様々な症状

強迫性障害には、人によって異なる症状が起こります。
どのような症状なのかといえば、中には性的な行為のことに対してだけ強迫概念が出てきたり、何かの汚れが気になったことで行動しないと気が済まなかったりする状況になる人もいます。
ですが、この症状が起こっている人に多いのは、やはり掃除や洗浄に対して起こることが多いです。
人によっては、潔癖症と同じと思っている人はいますが、潔癖症の人の場合は自分が納得できるまで綺麗にすれば、何度も掃除することはありません。
確かに、汚れがつくたびに掃除する人もいますが、強迫性障害の場合は既に汚れが取れているといっても執拗に洗う行為を行います。

他には、どんなことに対しても正確性を求めます。正確性を求めることは、正しいことになりますが、この症状がある人は過剰に追求してしまいます。
そうなると、他の人からすれば異常性を感じますし、本人が自覚していても納得できるまで何度も繰り返すという行為を行います。
他にも、他人からすればそこまで執拗に集めなくてもいいものを集めるというのがあります。これは、コレクターの人がそうと思われますが、コレクターの人は自分が好きなものだけになります。
しかし、強迫概念をもっている人は別に好きじゃないものを購入しないとっていう義務感が発生しますので、必要ではないものまで集めてしまうことがあります。
このようなことは、普通の人もあり得ることですが、強迫性障害を持っている人は強い概念がありますので、人からすると異常性のある行動を取るという症状になります。

Copyright © 不安障害の一つである強迫性障害とは何? All Rights Reserved.