薬による治療

強迫性障害の治療には、薬物療法があります。
薬物療法というのは、症状に合った薬を処方してもらうことで症状を落ち着かせることができます。
どのような薬があるのかといえば、保険適応があるのはフルボキサミンやパロキセチンなどといった物質が含まれているSSRIという薬があります。
この他にも、クロミプラミンなどといった阻害作用を持つ抗鬱剤を処方されることもあります。

SSRIという薬には、副作用が起こることがあります。副作用は、吐き気や不安増強などの一過性になります。
長期に渡って投与する場合は、性機能が低下すると言われています。しかし、医師と相談しながら服用することで症状を緩和することは可能ですので、経過をみながら療法を行うことになります。
それに、最初の段階では効果や副作用のことを確認しながら、処方する量を決めていくので、最初の内は体に合わない場合もあります。
こういったことは、医師から詳しく説明を聞くことができますので、治療に行く際はしっかりと話を聞いておくことをお勧めします。

Copyright © 不安障害の一つである強迫性障害とは何? All Rights Reserved.