不安障害とは何?

強迫性障害という言葉は、聞いたことがある人と聞いたことがないという人に分かれます。
ですが、この病気に関しては昔からある症状だと言われています。どういった症状なのかというと、代表的なのは潔癖症に近い症状です。
潔癖症の人というのは、人が触れたものに触れられないという症状があります。これに近い症状があって、トイレに行くたびに手の汚れが強く感じてしまうということです。
これは、具体的に言うと潔癖症とは異なりますが、汚れが取れていないかもしれないなどといったことを思い込んでしまって、執拗に手を洗うという行動に出ます。

確かに、手を洗ったとしても汚れが落ちていない気がするというのは一般の人でもあります。ですが、問題なのは執拗に洗う行為になります。
他にも、自宅を留守にしている間に泥棒が入ったり、火事が起こったりしないかという不安が強くなってしまって、何度も施錠やガス栓を閉めているかどうかを確認する行為を行います。
これは、普通の人でも防犯の為に行いますが、強迫性障害の人は何度も行うという状態になります。
それに、何度も確認しているにも関わらず、出先で再度気になって用事をしていても途中で切り上げて家に帰ってしまうという行動に出る人もいます。
こういったことは、強迫性障害を改善しないことには治らないので、治療を受けて改善することをお勧めします。

Copyright © 不安障害の一つである強迫性障害とは何? All Rights Reserved.